受け取る年金の種類。障害基礎年金や障害厚生年金など。

東京の障害年金受給申請の相談センター

あすか社会保険労務士法人 次

〒153-0042

東京都目黒区青葉台1-8-1

(中目黒駅徒歩5分)次

受給・申請相談実績3000件超の社会保険労務士が、東京・神奈川・埼玉・千葉の障害年金受給の申請手続き代行を行います。まずはご相談ください。


東京都の障害ねんきん受給申請の無料相談窓口
業務の流れ 無料相談から申請・受給・支払いまで
サポート費用・料金表

白内障・緑内障、網膜症など「眼」に関する傷病

 白内障や緑内障などの眼の障害でも障害年金が受給できる場合があります。
障害年金の受給要件には「両眼の視力の和が0.04以下」などありますが、膜色素変性症などの先天性の症状や、糖尿病網膜症やなどの後天性の傷病になどにより、申請方法やその内容が変わってくる場合があります。
申請をご希望のかたはこちらからまずは無料相談をご利用下さい。

 

1・白内障

眼球の透明である水晶体が白濁する状態を言います。目がかすんだり、ものが二重に見えたり光を眩しく感じるなどの症状があります。 原因は、先天性のものと後天性のものがあり、最も多いのは加齢による後天性白内障ですが、そのほかアトピーなどによる若年性のもの、糖尿病から発症するものもあります。 視力、視野に障害がある場合に請求します。
眼科に初めてかかった日が初診日と思われますが、原因となった疾患で初めて医師の診断を受けた日が初診日となることもあります。


2・緑内障

眼圧の上昇によって視野や視力両方に影響を及ぼす可能性がある症状です。眼圧の上昇により視神経が影響され失明する場合も多くあります。頭痛や嘔吐を伴う場合もあります。
初診日や診断書が重要となります。


3・網膜症

代表的なものに糖尿病網膜症があります。視力が低下し、障害等級に該当するとその定価の度合に応じて認定されます。
視力の和などが矯正後、一定基準に満たない場合支給されます。
初診日の特定が重要になります。

障害者年金 受給

東京 障害年金の受給申請

(C) 2012 東京・神奈川・千葉・埼玉の障害年金受給・申請相談センター あすか社会保険労務士法人 All Rights Reserved.